道を探して


by pmm0hasamh
 30日午前0時に公訴時効を迎える国松孝次・元警察庁長官銃撃事件は、実行犯が特定できないまま捜査が終結する。

 15年間、オウム真理教の組織的な犯行と見て捜査を続けた警視庁公安部。信者だった同庁元巡査長(44)の二転三転した供述――。初期の段階で捜査を指揮した元公安部幹部は、時効を前に「もっと広い視野が必要だったのかも知れない」と唇をかんだ。教団の取材を続けてきたジャーナリストの江川紹子さん(51)は、「方針を見直す機会は何度もあったはずだ」と、迷走を重ねた捜査に苦言を呈した。

 「あの頃は、オウムの信者以外に犯人はいないと本気で思っていた」

 元巡査長が1996年5月、初めて銃撃への関与を認める供述をした後、警視庁公安部は元巡査長をホテルなどに“軟禁”しながら約5か月にわたって極秘の聴取を続けた末、捜査を中断した。この後、捜査の指揮にあたることになった公安部の元幹部は当時の心境をそう振り返る。

 銃撃事件が起きたのは地下鉄サリン事件10日後の95年3月30日の朝。その後も「新宿駅青酸ガス事件」や「都知事あて小包爆弾事件」などが相次ぎ、この元幹部は「信者の誰かが、必ず銃撃事件を供述すると思っていた」という。

 だが、地下鉄サリン事件など一連の事件に関与した信者の多くは、公安部と畑違いの刑事部捜査1課が取り調べており、元幹部は、そこに割り込んで取り調べることはできなかった。

 そこで考えたのは「元巡査長の供述の裏付け」。96年10月から、元巡査長が銃撃に使った拳銃を「捨てた」と供述した神田川での54日間の捜索を見守った。しかし、流される可能性のある範囲をすべて調べても拳銃は発見できず、その時になって「元巡査長は信用できない」と確信したという。

 その後も多くの信者が逮捕されたが、誰一人として事件について語っていない。「あの時、教団以外の犯行の可能性を考える視点を持つべきだった」。元幹部はそう感じている。

 一方、2004年7月に元巡査長ら3人を殺人未遂容疑で逮捕した際、捜査を指揮した別の元幹部は、元巡査長が「元信者に似た男と車で現場に行った」という供述を翻し、「自分が撃ったかもしれない」と話し始めた時、「もう事件は解決しない」と天を仰いだという。

 「立件は難しいとわかっていたが、それ以外、道がなかった」。現役の警視庁幹部も力無く語った。

郵貯「肥大化しない」=預入限度額引き上げ−鳩山首相(時事通信)
保育所で1歳児大やけど、高温の湯で体洗う(読売新聞)
<海難審判>明石海峡での衝突 受審人3人に業務停止の裁決(毎日新聞)
<雑記帳>小雪さんが新作映画PRで表敬 福岡(毎日新聞)
衣類の下の爆弾も透視、全身スキャナー成田に(読売新聞)
[PR]
# by pmm0hasamh | 2010-04-02 15:43
 岐阜県関ケ原町の浅井健太郎町長が私的に発行する新聞に、町を提訴した原告の氏名を公表したのはプライバシーの侵害だとして、町民6人が180万円の損害賠償を求めていた訴訟の判決が25日、岐阜地裁大垣支部であった。堤雄二裁判官は、原告のプライバシー権を認め、町長に102万円の支払いを命じた。
 堤裁判官は、係争中の裁判の原告であることが公表されることは「私生活上の平穏を害する悪質な不法行為に該当する」などとして、プライバシー権を認めた。一方、原告のうち現職と元職の町議2人については、公人であることから「不法行為とまでは言えない」とした。 

【関連ニュース】
陸自隊員らに有罪=14万人分情報漏えい
「出版差し止めまでの違法性ない」=光市母子殺害、実名掲載本で

バーナーで何らかのガスに引火か 兵庫・姫路の爆発事故(産経新聞)
<JAYWALK>中村容疑者起訴 覚せい剤事件で東京地検(毎日新聞)
足利事件 菅家さんの無罪判決を祝う集会開く 宇都宮で(毎日新聞)
2氏の争いに=京都知事選(時事通信)
<小林千代美議員>首相「党で対処必要」(毎日新聞)
[PR]
# by pmm0hasamh | 2010-03-31 07:09
 京都を訪問中の天皇、皇后両陛下は26日夕、京都市左京区の国立京都国際会館で行われた第14回国際内分泌学会議のオープニングセレモニーに出席された。式後の懇親会にも参加し、研究者らと交流した。 

裁判員の現場まだ試行錯誤…25日で全国一巡(読売新聞)
「モデル面接」の20歳女性に乱暴の容疑で芸能プロ経営の男逮捕 「合意の上」と否認(産経新聞)
「誰もけじめをつけてない」前原国交相(レスポンス)
10年度予算が成立=過去最大92兆円−税制改正も、たばこ10月値上げ(時事通信)
認可保育園の民間委託延期 園長候補が相次ぎ辞退 練馬(産経新聞)
[PR]
# by pmm0hasamh | 2010-03-28 01:43
 ヒゲを生やしていることを理由に人事評価を低くされたのは人権侵害にあたるとして、従業員の男性(58)が郵便事業株式会社(日本郵便)に慰謝料など計約160万円を求めていた訴訟の判決が26日、神戸地裁であり、矢尾和子裁判長は「ヒゲは身だしなみ基準に違反しない」として、日本郵便に約38万円の支払いを命じた。原告の男性は「長年手入れをしてくるなど愛着のあるヒゲ。人事評価の違法性が認められうれしい」としている。

 訴状などによると、男性は昭和45年から郵政事務官として神戸地方貯金局(現・神戸貯金事務センター)に勤務。平成17年、神戸市内の郵便局に配置換えとなった際、上司から昭和60年ごろから生やしていたヒゲをそるように指示されたが、従わなかった。

 これにより、男性は「従来の業務である窓口業務から外され、さらに身だしなみ基準に違反しているとして人事評価の点数を減らされるなど、不当な扱いを受けた」と主張し、人事評価により減らされた手当や慰謝料などを求めていた。

 郵便事業株式会社近畿支社は「判決理由などを検討し適切に対処したい」としている。

【関連記事】
未婚女性の6割が「オス化」 NEC調査
海外こぼれ話 新妻にひげ…離婚申請
ヒゲの隊長「国防は最大の福祉」に首相「外交努力も大事」
あなたはシェーバー派? カミソリ派? 使い分けて肌に優しく
茶髪&ひげ禁止!巻き返し図る横浜とロッテの本気度
あれから、15年 地下鉄サリン事件

認知症を地域で支えるための手引書を公表―東京都(医療介護CBニュース)
関係閣僚が普天間移設先で最終調整 今週中に政府案を決定へ(産経新聞)
橋下知事と平松市長に新たな火種…入学貸付制度(読売新聞)
ホームから男性突き落とす=電車内で電話、注意されもみあい−警視庁(時事通信)
<人事>警察庁(毎日新聞)
[PR]
# by pmm0hasamh | 2010-03-26 18:28
 民主党の小沢一郎幹事長は23日、国会内で生方幸夫副幹事長と会い、現職にとどめる考えを伝えた。同氏も了承した。生方氏は、一部報道機関のインタビューで小沢氏の党運営を批判。執行部は解任する方針を決めていた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

公明 神崎、坂口氏が議員辞職、引退へ 世代交代を加速(毎日新聞)
公約作り、週内に始動=首脳会議を定例化−政府・民主(時事通信)
B級グルメフェスタが岡山・津山で開幕 16県から54品目(産経新聞)
放火指示の組幹部に無罪=共謀成立を否定−奈良地裁(時事通信)
報道陣に公開 大阪・堺に西日本初のサッカー・トレセン 育て日本代表(産経新聞)
[PR]
# by pmm0hasamh | 2010-03-24 14:14