道を探して


by pmm0hasamh

<   2010年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 神戸市内の市立中の女子生徒らが大麻を隠し持っていたとされる事件で、兵庫県警は25日、キャバクラ店アルバイト店員の少女(16)(家裁送致)に大麻約5グラムを渡したとして、同市東灘区向洋町、ラップシンガーで元関西学院大生の坂口賢容疑者(23)を大麻取締法違反(譲渡)の疑いで逮捕した、と発表した。

 「渡したことはない」と容疑を否認しているという。

 同市長田区の2年女子生徒(14)(家裁送致)も「坂口容疑者らから大麻をもらった」と供述しており、県警は、坂口容疑者が供給元だったとみている。

 坂口容疑者はヒップホップグループ「新星革命」のメンバーで、23日の逮捕時には乾燥大麻約150グラムを所持していたという。

 2008年11月に同法違反(所持)で有罪判決を受けた同志社大の元女子学生も公判で、坂口容疑者から大麻を買ったことがあるなどと話していた。

捨てたタオルが逮捕の決め手に ひったくり容疑で会社員の男逮捕(産経新聞)
<足利事件>92年1月28日の地検聴取テープ(1)(毎日新聞)
暴力団組長が「特別席」で相撲観戦(産経新聞)
小池広報本部長、自民党の新ポスターを自ら監修(スポーツ報知)
花粉、例年並みか少なめ=日照不足や低温影響−環境省(時事通信)
[PR]
by pmm0hasamh | 2010-01-30 14:18
 鳩山由紀夫首相の資金管理団体「友愛政経懇話会」(友政懇)を巡る偽装献金事件で、鳩山首相を告発していた団体は28日、東京地検特捜部の不起訴処分(容疑不十分)を不当として検察審査会に審査を申し立てた。

 申し立てたのは「鳩山由紀夫を告発する会」を名乗る団体。理由について▽当時の会計責任者が略式起訴され、首相が選任・監督に相当の注意を怠ったことは明らか▽首相は個人献金に強い関心を持っており、虚偽記載への関与が疑われる▽首相への事情聴取が行われず、捜査が尽くされたとは言えない−−などとしている。

 事件では、元公設第1秘書の勝場啓二被告(59)が政治資金規正法違反(虚偽記載など)で在宅起訴され、元政策秘書(55)が略式起訴されている。

【関連ニュース】
偽装献金:鳩山首相の納税額「約5億7500万円」
衆院代表質問:首相らの疑惑、論戦スタート
資金提供問題:鳩山元総務相 贈与税5億円余を納付
社説:石川議員ら逮捕 裏献金の有無が核心だ
社説:小沢氏側捜索 4億円の真相解明を

石川容疑者の同期議員ら結成 「考える会」活動停止(産経新聞)
<ポリグラフ検査>「誓約するのは抑止力になる」北沢防衛相(毎日新聞)
社民党大会閉幕、国対委長と政審会長人事先送り(読売新聞)
石川議員の手帳にホテル名、「水谷」面会裏付け?(読売新聞)
強盗致傷などで山口組淡海一家の幹部ら11人逮捕(産経新聞)
[PR]
by pmm0hasamh | 2010-01-29 01:55
 政府は、世界的な穀物供給国である旧ソ連、南米諸国の農業関連視察を積極化する方針だ。生産体制や保管・搬送施設の整備状況などが対象で、これらの国へ経済協力を実施する前提として、現地情報の収集を図る。
 世界の人口増と中国、インドなど新興国の需要急拡大で、小麦やトウモロコシ、大豆などに将来の需給逼迫(ひっぱく)が確実視される。これを見越し、供給国との関係強化を通じて穀物の安定調達に布石を打つことを目指す。
 第1弾として昨年12月、外務、農林水産両省の職員らがウクライナを一週間にわたり訪問。同国政府関係者との意見交換のほか、首都キエフと黒海沿岸都市オデッサを結ぶ幹線道路や、穀物の集荷施設などを視察した。他の国も、相手国政府の意向を踏まえて職員の派遣を検討する。 

【関連ニュース】
来年参院選での是正断念=1票の格差、次々回に持ち越し
バンコク宣言採択し閉幕=アジア大都市ネット
首長連合に参加へ=「分権に声上げる」

外国人参政権反対集会 地方議員1万人の署名目指す(産経新聞)
<日医会長選>分裂 民主派が出馬表明 現職と一騎打ちへ(毎日新聞)
天皇公的行為で政府見解へ=平野官房長官が表明−衆院予算委(時事通信)
災害復興学会 防災研究者らが避難生活ガイド(毎日新聞)
<書籍恐喝販売容疑>えせ同和の出版社捜索 岡山県警(毎日新聞)
[PR]
by pmm0hasamh | 2010-01-27 20:52
 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、東京地検特捜部は23日午後、東京都内のホテルで小沢氏から任意での事情聴取を始めた。当時の事務担当者で私設秘書だった衆院議員、石川知裕容疑者(36)=政治資金規正法違反容疑で逮捕=が「小沢氏から受け取った4億円を土地購入費に充てた」と供述しており、4億円の原資や政治資金収支報告書の虚偽記載への関与について説明を求めるとみられる。

 聴取は4時間程度、行われる見通し。小沢氏は土地購入の指示や手持ち資金4億円の提供は認める模様だが、同法違反(虚偽記載)容疑への関与は否定するとみられる。小沢氏は聴取終了後、検察側に説明した内容を文書にまとめて公表する意向だ。

 土地購入の時期に、中堅ゼネコン「水谷建設」(三重県桑名市)元幹部らが、胆沢(いさわ)ダム(岩手県奥州市)の下請け工事の受注謝礼として、石川議員に5000万円を渡したと供述していることから、特捜部は土地購入に水谷建設の提供資金が充てられた疑いもあるとみて、小沢氏に説明を求める模様だ。

【関連ニュース】
小沢幹事長:滞在先のホテル 大勢の報道陣が詰め掛ける
小沢幹事長:土地所有権の確認書 作成日が偽装と分かる
小沢幹事長:午後、事情聴取 検察側、関与など説明求める
小沢幹事長:4億円の原資どう説明…23日に任意聴取
小沢幹事長:23日に任意聴取…終了後「国民向け」声明へ

過去問再利用なし=センター試験(時事通信)
石川容疑者、5000万円口座へ 水谷建設から「裏献金」の3日後(産経新聞)
29日朝 北浜にメイド集合 ご主人さま いってらっしゃいませ (産経新聞)
コースター点検走行中、足場にぶつかり重体(読売新聞)
「経済的補償に重心を」=犯罪被害「あすの会」10周年−東京(時事通信)
[PR]
by pmm0hasamh | 2010-01-26 06:48
 昨年12月、大阪市此花区の路上で軽乗用車が焼け、後部座席から男女2人の遺体が見つかった事件で、大阪地検が、殺人容疑で逮捕された大阪市此花区梅香の飲食店店長、小北進容疑者(37)を嘱託殺人罪で起訴していたことが分かった。

 起訴は18日付。起訴状などによると、小北容疑者は3人での心中を計画。昨年12月28日、知人の男女から頼まれ、車内の練炭に火を付けて軽乗用車を全焼させ、2人を殺害したとしている。

 小北容疑者は、「3人で心中しようと練炭に火をつけた」などと供述。捜査関係者によると、小北容疑者の尿から睡眠薬の成分が検出され、心中をしようとしたことが裏付けられたという。

【関連記事】
室内に練炭…家族3人死亡、中2女子重体 浜松
車から2遺体 殺人容疑で37歳男を送検
「妻が重病なので天国に送った」嘱託殺人容疑で54歳夫を逮捕
自殺サイトで20代女性と心中 同じ車内の男を幇助容疑逮捕 山梨
「嫁と娘、殺した」と49歳夫が出頭

民主議連の緊急提言、「十分検討」―足立政務官(医療介護CBニュース)
首相動静(1月15日)(時事通信)
<風車訴訟>早大賠償を大幅減「つくば市過失大」 東京高裁(毎日新聞)
鳩山首相、小沢氏23日聴取「その後は考えてない」(産経新聞)
積み立ては妻子名義=事務所でも現金保管−小沢氏資金(時事通信)
[PR]
by pmm0hasamh | 2010-01-25 11:31
 木原実さん93歳(きはら・みのる=元社会党衆院議員)18日死去。葬儀は21日午前9時、千葉県習志野市津田沼3の2の4のセレモ京成津田沼ホール。自宅は同県船橋市東船橋7の13の20。喪主は長男誠(まこと)さん。

 67年衆院選で旧千葉1区に社会党から出馬し初当選。計5期務め、衆院公害対策・環境保全特別委員長などを歴任した。

<阪神大震災>犠牲者追悼で「灯のつどい」 東京で開催(毎日新聞)
全精社協事件初公判 会長ら補助金流用認める「厚労省も了解」(産経新聞)
小沢氏の「名代」大久保容疑者と、石川容疑者の“後輩”池田容疑者(産経新聞)
「品性に欠ける」民主検察批判チームに自民大島氏(産経新聞)
「府中駅どこ?」で振り返ったら… 公然わいせつ容疑で会社員を逮捕(産経新聞)
[PR]
by pmm0hasamh | 2010-01-23 16:59
 佐賀県有明水産振興センターが試験養殖していた高級貝のタイラギが大量になくなった事件があり、県警鹿島署は20日、窃盗容疑で捜査を始めたと発表した。海で養殖している魚類が不明になった場合、逃げた可能性もあるため窃盗罪の適用は難しいが、県警は「タイラギは自分で逃げられない」として、同センターからの被害届を受理した。

 センターによると、昨年12月4日午前4時〜今月5日午前5時ごろ、同県太良町大浦の有明海のタイラギ増養殖技術開発試験漁場から、タイラギ約2500個が盗まれた。被害額は10万7500円。

 試験場は有明海漁協大浦支所が管理するアサリ養殖場の一部(約500平方メートル)を借りているが、タイラギに移動能力がないことや、試験場がロープで囲われていることなどから、県警は県の権利を認めたという。

 試験養殖は、09年度から3年間の予定で実施中。昨年5月に10センチほどの天然稚貝約1万個を沖合から移植し、作年末には貝殻の大きさが出荷対象の15センチ以上になっていた。【上田泰嗣、田中韻】

【関連ニュース】
<関連記事>タイラギ:養殖中の3千個盗掘 豊かな海再生に痛手 佐賀
<こんなものも盗まれた>指定ごみ袋:転売目的で盗む 町職員逮捕 奈良・田原本町
<こんなものも盗まれた>窃盗容疑:優勝馬の勝負服盗む 名古屋の男逮捕 滋賀県警
<こんなものも盗まれた>窃盗:スノーボードなど1000万円 容疑者2人逮捕−−大津署 /熊本
銀座貴金属店窃盗:警視庁、香港警察と本格的な情報交換へ

作家の海堂さんに賠償命令=ブログで名誉棄損−東京地裁(時事通信)
【視点】市有地に神社は違憲 新基準 政教分離訴訟どう影響(産経新聞)
小沢幹事長「辞任すべきだ」70%…読売調査(読売新聞)
ネット提言に関心=「まじめな提言多い」−鳩山首相(時事通信)
天皇公的行為で政府見解へ=平野官房長官が表明−衆院予算委(時事通信)
[PR]
by pmm0hasamh | 2010-01-22 23:59
 がん患者への相談支援の在り方をテーマにしたシンポジウム「メディカルタウンの再生力」が、2月21日午後1時半から聖路加看護大のアリス・S・ジョンメモリアルホール(東京都中央区)で開催される。英国のがん患者支援施設の経営者による講演や、相談支援についてのパネルディスカッションが行われる。

 シンポジウムは「30年後の医療の姿を考える会」と「白十字在宅ボランティアの会」の共催で、今回が4回目。
 第1部では、「マギーズ・キャンサー・ケアリング・センター」最高経営者のローラ・リー氏とビジネス開発ディレクターのサラ・ビアード氏が、がん患者の支援施設を設立した背景や運営の状況について講演する。
 第2部のパネルディスカッションでは、厚生労働省の鈴木健彦がん対策推進室長、「がんと共に生きる会」の海辺陽子副会長、京大病院地域ネットワーク医療部の看護師である宇都宮宏子氏も加わり、がん患者の相談支援の在り方について議論する。

 参加費は無料で、事前申し込みも不要。定員は300人。問い合わせは、白十字在宅ボランティアの会。ファクス03(3268)1629。


【関連記事】
医療者と地域の対話の道を探るシンポ
成果上げる病院訪問ボランティア―進化する患者会(中)
「がん早期発見に優先的に取り組む」−全国大会で長妻厚労相
がん「患者必携」、5割超が「有料でもほしい」
「がん対策」予算は79億円増の316億円

新幹線のぞみ窓ガラスひび、広島駅で応急処置 1千人に影響(産経新聞)
要介護認定「混乱はほぼ終息」−見直し検証・検討会(医療介護CBニュース)
可視化、冷静な議論必要=公明代表(時事通信)
<雑記帳>破格の命名権継続 ジェフ千葉ホーム(毎日新聞)
苦しいときの神頼み 受験、就職…“験担ぎ”事情(産経新聞)
[PR]
by pmm0hasamh | 2010-01-22 02:30
 京都市東山区の三十三間堂で17日、弓道界で恒例の「大的全国大会」があった。晴れ着姿の男女約2000人が、約60メートル離れた大的(直径1メートル)に向かい矢を放った。

 平安時代に武士が約120メートルの軒下を射通す数を競った「通し矢」が起源。江戸時代に競技化され、全国から有段者が集う。現行の大会としては今年が60回目の“還暦”だ。

 節目の大会に新成人として臨んだ梅林夏実さん(20)=立命館大=は「今年は就職活動も始める。しっかりとした大人になります」と、将来の的も見据えていた。【田辺佑介】

【関連ニュース】
<写真特集>日本の祭り
2009歳末点描:中学生、寒げいこに汗 /鹿児島
弓道:笛吹市清流杯争奪高校・中学校大会 480選手、的中に歓声 /山梨
奉射祭:弓矢放ち無病息災祈る−−下関・忌宮神社 /山口
鏡開き式:武道愛好者400人が精進誓う−−岡山 /岡山

<男性不明>「埋めた」供述の場所捜索 鹿児島・栃木県警(毎日新聞)
<年賀はがき>販売枚数6年連続減 売れ残り4億枚(毎日新聞)
行方不明の住職、食品万引き=現行犯逮捕「金使い果たした」−福島(時事通信)
医療機関の倒産が過去最高を記録(医療介護CBニュース)
直木賞は佐々木譲、白石一文の2氏=芥川賞は該当作なし(時事通信)
[PR]
by pmm0hasamh | 2010-01-21 10:12
 政府が輸入を検討している海外メーカー2社の新型インフルエンザワクチンについて、厚生労働省の薬事分科会は15日、「承認することが適当」との結論をまとめた。長妻昭厚労相が最終判断する。正式に決まれば、承認手続きを簡素化した「特例承認」の初適用となる。輸入ワクチンの接種は2月中旬にも始まる見通し。

 分科会での検討対象となったのは英系「グラクソ・スミスクライン(GSK)」とスイス系「ノバルティス」の2製薬会社のワクチン。いずれも製造法などが異なるため、安全性が懸念されていた。

 薬事分科会では全委員が特例承認に同意。ただ「国産との違いや安全性について、接種希望者への情報提供が大切だ」などの意見が出された。

 ワクチンを輸入する際、通常なら承認手続きに1、2年かかる。しかし、それでは今回の新型インフルの流行に間に合わないため、海外の承認状況などを参考に承認審査を簡素化する薬事法上の特例承認の手続きが取られている。

 政府は両社と計9900万回分の購入契約を結んでおり、最短で2月3日から出荷が始まる予定。輸入ワクチンは主に19〜64歳の健康な人に使われる予定だが、すでに流行が減少傾向にあることなどから、余ることも指摘されている。

【関連記事】
新型ワクチン、一転「余る」 1億5千万人分を確保
新型インフル輸入ワクチンを「承認」 厚労省部会
新型インフル ノバルティス製ワクチン「重大な問題ない」厚労省
新型インフル 優先対象者以外にも国産ワクチン
新型インフルワクチンで医師調査 「全員に接種」2割未満

後納期間10年に延長=国民年金保険料、法案提出へ−厚労相表明(時事通信)
飽和状態…都市部から地方へ 弁護士さん就活激化 滋賀・島根10年で登録倍増(産経新聞)
<掘り出しニュース>ギャンブル場専門のスリ「アブさん」御用 「おれの負け」(毎日新聞)
「政治に従い、淡々と」=撤収目前、指揮官らインタビュー(時事通信)
漁船不明 10人乗り、長崎・五島列島沖で消息絶つ(毎日新聞)
[PR]
by pmm0hasamh | 2010-01-20 12:47